メニュー

ご挨拶

これまで延べ30年にわたって、東京、沖縄、千葉、福島、茨城アメリカ、カナダ等における大学での研究・教育や離島・僻地医療(総合医療)に携わった各地での多くの臨床経験を最大限いかし、地元の千葉ニュータウンで心身の苦悩・苦痛で悩んでいる多くの方々の心と体の健康を守る意味で、地域医療へ些少なりとも貢献し尽力したいと思い戻ってまいりました。

どんな人間であっても地球の壮大な時間に比べれば、自分の人生など、ホンの一瞬。それが例え、1時間程度の診療であっても一期一会の出会い、治療を通しての人間的交流、共有できる時間があって、再び「笑顔」に戻れて楽しい社会生活をおくれたら幸せですよね。

出身・生育地の当地域には、相当の治療ニーズがあると思われるものの、心療科という特異性から実際は薬剤の正しい使い方は非常に難しく、しかも自殺未遂・希死念慮・不穏状態や幻覚妄想・てんかん発作など極めて重篤で複雑で対応に苦慮する事が多いため、まだ真の心療内科・精神科の専門科がきわめて少ないのが現状です。しかし、自分が診るのは面倒であるからと言って、辛い精神症状や異常世界・言動で苦しんでおられる方を、そのまま放って置くわけにはいきません。

医師としての原点に立ち帰って、患者様あるいは家族の皆様方を、笑顔に戻すべく、その困難な挑戦の機会を、自分の人生の後半に与えられた運命を、幸運と思わざるを得ませんし、また感謝するように考えています。

院長略歴 (最終学歴)

1993年3月 琉球大学医学部大学院博士課程

資格免許・臨床経験 (現在更新および過去取得分も含む) 

  • 医学博士
  • 精神保健指定医(主に習志野・千葉・船橋・松戸保健所管内での措置診察・措置入院に協力)
  • 心療内科専門医・老年内科・臨床遺伝内科学認定医
  • 日本医師会健康スポーツ認定医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター (内科系)
  • 日本医師会認定産業医 (中堅会社の専任産業医経験有)
  • 日本教育医学会理事及び学会長心療医学会学会長歴任
  • 米国メリーランド大学で研修後、カナダ国トロント大学医学部へ研究留学
  • 医療法人附属メンタルクリニック所長および精神科病院医長・副院長
  • 沖縄県立中部病院救命救急センターでの研修の後、僻地医療に長く従事
  • 国立病院機構久里浜病院「アルコール依存症(中毒)」研修終了
  • 厚労省認定「認知症サポート医」
  • 国立大学で健康医学の研究と、医師・看護師・臨床心理士・理学療法士・作業療法士・養護教諭など医療職を目指す学生を指導
  • 東日本大震災後は、大学の職を辞して、心療内科医・カウンセラーとして約1年間のボランティア巡回診療し、家庭医療・訪問医療にも従事
  • 健康長寿・心療内科・精神病予防・アンチエイジング等に関する著書・論文多数
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME