メニュー

当院の特徴

仕事帰りのサラリーマンや学生さん、早目の受診希望者のため、毎日「夕診」(夕方診療)と、多くの「祝日診療」(全てではありません)を行うようにしています。また当院は薬物治療のみでなく、心理・行動療法などのカウンセリング治療を重視しています毎日、診療とは別に有資格の心理士による治療的カウンセリング行っています。心身の治療には、薬物以外にも様々な観点からのアプローチが必要という長年の経験から、心理士が親身に話を聞き、その人に合った癒しを得られる専門カウンセリングのみの受診も可能です。

時節柄、発熱・倦怠感・味覚嗅覚異常・咳が続く等の場合は、新型コロナ感染症の疑いもあるため、受診できません。他の適切な専門機関に直接相談し、完治してから受診してください。

多彩で重篤な症状をかかえた方、例えば、職場のストレス、恐怖性の不安・うつ状態、不眠、幻覚妄想、認知症、自閉症、躁うつ病など気分障害などの精神症状身体症状もある方は、重症化しない前に早目に診察を受けた方が改善も早いです。発達障害・知的障害や自閉症、小児などは専門的検査などの関係から診れないことがあります。

激しい不穏や暴力行為・過量服薬・自傷行為などでの自殺未遂性格障害、また家族や周辺住民に対する迷惑行為が多い方は精神科救急・警察や保健所が絡んだ強制的な措置入院適応の可能性があり、医院での通院治療は不可能です。最初から精神科病院の外来を受診してください。

生活保護(手続き完了者のみ)など様々な公的支援を受けている方、一人親支援受給者の受診は可能です。自立支援・手帳などの作成も、疾患や本人の状態によっては作成できます。しかし他の支援団体からの紹介があっても、医学的に作成不可の場合もあります。自立支援や手帳、障害年金などを受けている方は、転院の際までに役所で病院等変更の手続きと今後の更新等のため前院からのコピーが必要です。また全ての転医初診の方は紹介状(診療情報提供書)が必要です。

台風や暴風雨など災害が増えてくる季節は、最新のニュース情報「警戒レベルは休診」となり、準警戒・注意報レベルでも「停電」等の状況によっては臨時休診もあり得ますので、早目に最新ニュースや本HP「お知らせ欄」の冒頭に注意ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME